top of page

繋がりと循環を意識すれば人生うまくいく【コミュニティ活動記録vol.1】

ヨガ・瞑想コミュニティ「えん」の活動記録です。


クラスのテーマや、クラスのはじめにお話しした内容のまとめになります。

今回のクラステーマは「循環」です。


ブログタイトルにもある通り、「繋がりとエネルギーの循環を意識すれば人生うまくいく」ということについて、ヨガ哲学の考えをベースにお話していきます!


コミュニティ活動記念すべき第1回目は外ヨガ



本日はヨガ・瞑想コミュニティ「えん」がスタートして初のヨガクラスでした。

記念すべき第1回目は、前からやりたいな〜と思っていた外ヨガ!

過去に何回か外ヨガのイベントを開催したことがありますが、屋外のイベントはお天気次第というところが大きく、毎日天気予報とにらめっこしておりました。


前日が雨予報だったので、降水量や時間帯によっては地面が濡れていて、当日晴れていてもヨガができないというパターンも考えられました。 ……が、しかし!!見事、快晴!

とーっても心地の良い気候の中、ヨガをすることができました。


今回は、京王多摩川駅から近い河川敷で行いました。 朝、集合場所へ行ってみると、ゴミ拾いのクリーン活動で想像の5倍くらいの人、人、人…(汗)

朝からこんなに人がいるの〜!?とびっくりしましたが、ヨガをスタートする9時に終了だったようで、ちょうど入れ替わりのタイミングでした。


通りがかったゴミ拾いのおじさんの話では、昔は古タイヤなどが捨てられていたそうです。 今はとってもきれいに整備されています。 ゴミ拾い活動に感謝です(^人^)


第1回・テーマは「循環」巡りを整えるということ



コミュニティ名の「えん」には、人と人とのご縁に感謝するという意味以外に、循環・巡りを円滑にするという意味も込められています。


ヨガでは、体にプラーナ(生命エネルギー・気)が巡ることで私達は健やかに生きていくことができると考えます。

新鮮な食べ物や、空気、植物や動物などにもプラーナは流れています。

私達は生きるという活動の中で、自分のプラーナと、それ以外のプラーナを交換しながら「循環」を生み出しています。


川の流れでイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、流れが悪く滞った場所では濁りや淀みが生じてしまいます。

私達の体の中のプラーナの巡りが悪くなると、それは肩こりや腰痛といった痛みや、病気、時には鬱症状などとして現れてきます。


ヨガをすると不思議と体と心がすっきりする!という体験は皆さん感じたことがあると思いますが、それは、体の中のプラーナの巡りがスムーズになったというサインです!

できるだけ、自分の体のプラーナの巡りをよくすることで、心身ともに健康的な生活を送ることができる、というのがヨガの大きなメリットの一つです。


私達の体の中を巡るプラーナを整えることで、健やかな人生を送ることができるという話をしてきましたが、私達は一人で生きているわけではありませんよね。


家族や友人という親しい人に支えられているのはもちろん、食べ物や、生活環境などが整うことで、今の自分は成り立っています。


まずは、自分自身を整えることが大切!と考えるのがヨガですが、心身が整って余裕が出てきたら、ヨガの語源でもある「繋ぐ」という点にも意識を向けて、より広い視野で循環・巡りを整えることを意識してみてください。


「自分の中」のプラーナを整える作業の一つに、呼吸がありますが、古いプラーナを手放す作業が吐く息です。

新しいプラーナを取り込む作業が吸う息です。


吐く息のどこからどこまでが「自分」で、どこから「自分ではないもの」になるのでしょうか?

周りにあった空気を吸い込んだら、どの瞬間から「自分」の一部になるのでしょうか?

その境目は非常に曖昧です。


目の前に、りんごが1個あるときには「自分」と「りんご」の境界線ははっきりしています。

そのりんごを一口食べて、咀嚼し、飲み込んで、消化吸収が始まって…どの瞬間から「りんご」は「自分」になるのでしょうか?


私達の多くが、執着を手放すことに難しさを感じる「お金」も一つのエネルギーです。

現金として目の前にある場合もあれば、電子マネーのような目には見えないものとして存在していることもあります。

お金として存在しているときには「自分」と「お金」は分離しています。


お金を使って、りんごを1個買った場合、「お金」というエネルギーは、ある瞬間から「りんご」に変化します。

そして、「りんご」を食べたら、それはいつの間にか「自分」に変化します。

そして、「自分」から生まれたエネルギー(労働力など)として、また別のものに形を変えていきます。


これが、エネルギーの循環です。

『お金がなくなったらどうしよう』という不安・執着から離れることができない、という人は少なくないと思いますが、意識をエネルギーの循環に向けてみると、「自分」が存在している限り、その流れはなくならないということがわかります。


「お金」という物質で目の前に現れるときもあれば、「りんご」として現れるときもあり、「自分が元気に過ごすエネルギー」として現れるときもあります。

なくなったらどうしよう?と不足に意識を向けるよりも、自分の体のプラーナを整えるのと同じように、自分を軸として、広い視野でプラーナの巡りを整えていくということを意識したほうが、よりスムーズにすべてが循環していくようになります!


私達はどうしても手に入れることに一生懸命になりがちです。

「深呼吸しましょう!」というと、ほとんどの人(私を含め)が思いっきり息を吸います(笑)

でも、たくさん吸うためには、まずしっかり吐くことが大切です。


一度深く息を吐いてから吸うことで、より多くの新鮮なプラーナを取り込むことができます。

すべて仕組みは同じなので、是非「循環」を意識して生活をしてみてください♪

※出したものが入ってくるので、食べ物やお金に対する感謝の気持ちが大切です。


参加費の一部を寄付しました


今日は本当に気持ちのいいヨガ日和で、自然を満喫することができました!

今回のテーマが「循環」だったということもあり、より巡りを意識できるように、参加費の一部を『コンサベーション・インターナショナル・ジャパン』へ寄付いたしました。





これからもヨガを通して、皆さんの心地の良い時間と健やかな日々を整えるお手伝いができれば幸いです。

今後のスケジュールは、こちらからご確認ください。

コミュニティに入らず、単発でクラスへのご参加もOKなのでお気軽にご参加ください!


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page